アルコ株式会社

プレストネット

プレストネット工法

先行して地山に抵抗力を与え、初期崩壊を未然に防止する
NETIS登録番号KK-040047‐VE

プレストネット工法とは

プレストネット工法は、先行して一定の引張力(20kN)をロックボルトに与え、ロックボルト頭部に設置した受圧板にあらかじめ緊張力を与えておくことで土中の拘束力を高め、崩壊に対する先行抵抗力を初期状態から保持させておくことにより崩壊を未然に防止する工法です。

プレストネット工法の特長

◆逆巻き工法に適用可能
崩壊性の地山で逆巻き工法を必要とする場合に適用できます。

◆施行が容易
部材が概ね15㎏程度と軽く、人力作業で簡単に組立が可能で、工期短縮が図れます。

◆自然斜面へ適用可能
切土法面への適用はもとより、自然斜面にも斜面を傷めることなく施工が可能です。

◆環境と調和
立木をよけながらの施工が可能であり、樹木の伐採は最小限ですみ、自然環境を損ないません。また、植生により緑化が可能で、部材を完全に隠すことが可能です。

◆維持管理が容易
部材の取替えなどの維持管理が容易で、ロックボルトの増し打ちや連結補強が簡単です。

構造・型式

プレストネット工 構造模式図
プレストネット工 タイプ別工法説明図
  • 柔構造物工法研究会
  • 新落石研究会
  • ARCフェンス研究会
  • マクロ工法研究会
  • ソフィール協会
  • 沖縄ソフィール
  • 三重県CC緑化協会
  • PCM工法協会
  • 篠田株式会社
  • 三重県ジオファイバー協会
  • 三重県ニューレスプ協会