アルコ株式会社

ソフィール事業のご紹介

TOP 水環境事業 ソフィール TOPソフィール事業のご紹介

ソフィール事業のご紹介

ソフィール事業の沿革

1994年 土壌を使った汚水処理システムの開発に着手(小野田エー・エル・シー株式会社、太陽工業株式会社、東京大学)
1996年 土壌を使った浄化槽(オノダ・ソフィール)の認定を取得(単独処理浄化槽)
2000年 小野田エー・エル・シー株式会社からクリオン株式会社に社名変更
2002年 土壌微生物膜合併処理浄化槽(仮称)の認定を取得
2003年 ソフィール会を設立
2011年 クリオン株式会社からアルコ株式会社へソフィール事業の事業譲渡が行われる

開発秘話

ソフィール事業の開発経緯は1994年頃、小野田エー・エル・シー株式会社(現クリオン株式会社)と太陽工業株式会社、東京大学農学部が共同開発を行う所まで話が溯ります。

当時、ニイミ式毛管土壌方式やTSS蒸散処理方式などの土壌処理方式が先行して市場投入されており、我々は後発として既存の土壌処理システムの改良版を検討する所から開発に着手しました。東京大学や関係者の努力により、土壌式として初めての高度処理浄化槽が誕生しました。

現在の大臣認定の取得の方法とは難易度や取得の手法などが若干異なるものの、大臣認定取得の難易度は相当なもので、それだけにハイスペックで完成度の高いシステムとなりました。

ソフィールは一般の浄化槽が導入される市街地などはターゲットにしておらず、あくまで高度処理がふさわしい自然地域、観光地などに導入され、北は北海道から南は沖縄県まで実績を築き上げてきました(実績についてはこちらへ)。

  • 柔構造物工法研究会
  • 新落石研究会
  • ARCフェンス研究会
  • マクロ工法研究会
  • ソフィール協会
  • 沖縄ソフィール
  • 三重県CC緑化協会
  • PCM工法協会
  • 篠田株式会社
  • 三重県ジオファイバー協会
  • 三重県ニューレスプ協会