アルコ株式会社

国土交通大臣認定

ソフィールのご紹介

国土交通大臣認定

大臣認定の経緯

ソフィールの認定は、平成8年に認定名称「オノダ・ソフィール」として取得し、単独処理浄化槽としてスタートしました。
その後、合併処理浄化槽の認定取得に取り組み、名称「土壌微生物膜合併処理浄化槽(仮称)」を、旧告示の13号で取得した後、平成14年の建築基準法の改正により建築基準法第68条の26(構造方法等の認定)に移行しました。
クリオン株式会社の大臣認定は平成23年にアルコ株式会社に事業譲渡され、現在ではアルコ株式会社がソフィール事業を行っています。

事業譲渡の証明書(PDF 別ウィンドウで開きます)

認定書の期限

型式認定の有効期限が5年であるのに対して、建築基準法第68条の26(構造方法等の認定)の有効期限は特に規定がありません。

認定書・評定書

評定書は実証試験結果に基づき日本建築センターが発行します。認定書は評定書の内容に基づき、国土交通大臣が発行します。

【土壌微生物膜合併処理浄化槽(仮称)】

ソフィールの概要はこちらへ

【SE合併処理浄化槽】

SE合併処理浄化槽の概要はこちらへ

  • 柔構造物工法研究会
  • 新落石研究会
  • ARCフェンス研究会
  • マクロ工法研究会
  • ソフィール協会
  • 沖縄ソフィール
  • 三重県CC緑化協会
  • PCM工法協会
  • 篠田株式会社
  • 三重県ジオファイバー協会
  • 三重県ニューレスプ協会
  • ループフェンス研究会