アルコ株式会社

硝酸性窒素汚染地下水処理設備(揚水処理型)

TOP水環境事業硝酸性窒素汚染地下水処理設備(揚水処理型)

硝酸性窒素汚染地下水処理設備(揚水処理型)

硝酸性窒素に汚染された地下水を特殊浄化剤により浄化します

概要

硝酸性窒素あるいは亜硝酸性窒素により汚染された地下水を、特殊な浄化剤(バチルロック)を充填した反応槽を通過させて浄化します。

処理フロー

硝酸性窒素汚染地下水処理設備(揚水処理型)処理フロー図

反応原理図

バチルロックは、無機質の硫黄が電子供与体として作用し、硫黄酸化脱窒細菌の力によって、地下水中の硝酸性窒素を浄化するものです。

硫黄酸化脱窒細菌による硝酸性窒素浄化模式図

特徴

  1. 1.硫黄酸化脱窒細菌は、独立栄養細菌のため増殖速度が遅く、汚泥発生量を少なくすることが可能です。
  2. 2.メタノール脱窒工法に比べてランニングコストを抑えることが出来ます。
  3. 3.メタノール等の薬品注入操作が不要であるため、運転管理が容易です。
  4. 4.メタノール等の薬品による二次汚染がありません。

メーカー:新日鉄住金エンジニアリング㈱

  • 柔構造物工法研究会
  • 新落石研究会
  • ARCフェンス研究会
  • マクロ工法研究会
  • ソフィール協会
  • 沖縄ソフィール
  • 三重県CC緑化協会
  • PCM工法協会
  • 篠田株式会社
  • 三重県ジオファイバー協会
  • 三重県ニューレスプ協会