アルコ株式会社

ワイヤーネット被覆工法

TOP落石・斜面崩壊対策事業ワイヤーネット被覆工法

ワイヤーネット被覆工

被覆(一体化)することで不安定岩塊を安定化
NETIS登録番号CG-110030‐A

ワイヤーネット被覆工は、ワイヤーネットと短いアンカーピンを用いて、不安定な転石あるいは転石群を一体的に被覆することによって、転倒や滑動に対する安定度を向上させます。
また、ワイヤーネットとアンカーピンだけで、安定が保たれない場合は、深層アンカーを用い安定した岩盤に定着させ、足りない抑止力を負担させます。

 ワイヤーネット被覆工法施工模式図

ワイヤーネット被覆工の特長

◆転石あるいは転石群の転倒や滑動に対して、平常時の目標安全率を2に設定しています。また、地震時の検討も行います。

◆不安定な転石に対しピンポイントで対策を施せるため、施工数量を低減できます。

◆ステンレス製ワイヤロープを用いており耐久性に優れています。

◆個々の部材が軽量であり、アンカー削孔も小型の掘削機で行うため、人力運搬・施工が可能です。

◆立木をよけながらの施工が可能であり、樹木の伐採は最小限ですみ、自然環境を損ないません。

資料ダウンロード

  • カタログダウンロード
    こちらからワイヤーネット被覆工に関するカタログをダウンロードいただけます。
    (※フォームよりダウンロード申請をしていただくと、自動返信メールにダウンロードURLが書かれております。そちらからダウンロードお願いします。)
    ワイヤーネット被覆工カタログ
  • 設計・施工マニュアル
    設計・施工に関するマニュアルをダウンロードいただけます。
    (※フォームよりダウンロード申請をしていただくと、自動返信メールにダウンロードURLが書かれております。そちらからダウンロードお願いします。)
    マニュアル表紙
  • 実績表
    実績表をダウンロードいただけます。
    (※フォームよりダウンロード申請をしていただくと、自動返信メールにダウンロードURLが書かれております。そちらからダウンロードお願いします。)
    被覆工実績表
  • 柔構造物工法研究会
  • 新落石研究会
  • ARCフェンス研究会
  • マクロ工法研究会
  • ソフィール協会
  • 沖縄ソフィール
  • 三重県CC緑化協会
  • PCM工法協会
  • 篠田株式会社
  • 三重県ジオファイバー協会
  • 三重県ニューレスプ協会