アルコ株式会社

PCW工法

PCW工法

NETIS登録番号SK-090007-A

PCW工法とは

PCW工法は、気泡混合軽量盛土を利用した構造物を構築する工法で、自立性の高いPCWパネル(プレキャストコンクリート化粧版)を連結して、その背面に気泡混合軽量盛土を打設することにより、垂直壁または傾斜壁の盛土を容易に構築できるとともに工期短縮に優れた工法です。

PCW工法の特長

◆背面の掘削は最小限に、また既設構造物は撤去せず施工できるため、コストカットにつながります。

◆道路拡幅・橋梁再生の際に既設道路と併用しながら施工可能なため、基本迂回路や仮設道路が不要、どうしても必要な際にも最小限化が可能です。

◆基礎底面の幅は1m程度で施工ができるため、掘削・床掘が最小限で可能です。

◆気泡混合軽量盛土は比重の調整が可能なので、支持力が低い地盤や水位により揚圧力が作用する河川等にも設置が可能です。

◆気泡混合軽量盛土は1日1m打設することができ、躯体の構築までの好気が短縮されます。

構造・型式

PCW工法 構造断面図
  • 柔構造物工法研究会
  • 新落石研究会
  • ARCフェンス研究会
  • マクロ工法研究会
  • ソフィール協会
  • 沖縄ソフィール
  • 三重県CC緑化協会
  • PCM工法協会
  • 篠田株式会社
  • 三重県ジオファイバー協会
  • 三重県ニューレスプ協会
  • ループフェンス研究会